水を抱く女

3月26日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国順次ロードショー!




第70回ベルリン国際映画祭 
銀熊賞(最優秀女優賞)国際映画批評家連盟(FIPRESCI)賞 W受賞
第33回ヨーロッパ映画賞 女優賞  第14回リスボン&エストリル映画祭 芸術貢献賞
第10回モントクレア映画祭 俳優賞 第17回セビリヤ・ヨーロッパ映画祭 最優秀監督賞・最優秀編集賞

魅惑的な“水の精”の神話を 名匠クリスティアン・ペッツォルトが、大胆に現代に置き換えて映画化。
官能的なバッハの旋律にのせて、繊細に描写されるミステリアスな愛の叙事詩。

クリスティアン・ペッツォルト監督最新作
パウラ・ベーア
フランツ・ロゴフスキ

監督・脚本:クリスティアン・ペッツォルト(『東ベルリンから来た女』『未来を乗り換えた男』)
出演:出演:パウラ・ベーア(『婚約者の友人』『ある画家の数奇な運命』)、フランツ・ロゴフスキ(『希望の灯り』)

2020年/ドイツ・フランス/ドイツ語/90分/アメリカンビスタ/5.1ch/原題:Undine/日本語字幕:吉川美奈子/配給:彩プロ

© SCHRAMM FILM / LES FILMS DU LOSANGE / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma 2020